ブランドのイメージを形にする上で、決して外せないのが「デザイナー」のお仕事。
特にこのファッション業界の中において、デザイナーなくして良質なブランドを生み出すことはできません。
ファストファッションが先行しがちな昨今ですが、やはり今もこの業界を支えているのはこのお仕事を行う方々の力であると思います。

自らの手で世の中にトレンドを産み落とす仕事、その業務内容や役割について、次に詳しくお話していきたいと思います。

どういった仕事をしているの?

皆さんもご存知の通り、主な仕事としてはありとあらゆる服を企画、デザインし、それらを実際の形にして生み出していくのがファッションデザイナーの業務となります。
これをもう少し詳しく言えば、デザイン画の作成や縫製仕様書の作成、素材の選定、制作メーカーへの指示、サンプルの発注や修正、コストや納期の管理、パタンナーへの指示などとなります。
つまり商品のデザインに関する全ての業務と言えるでしょう。
トレンド情報をリサーチし、巧みに取り入れるなど非常にセンスの問われる職種であります。

基本的には個人で行うことは少なく、アパレル系のメーカーやデザイン事務所などに所属するパターンが多いと思われます。
もちろん、実力や実績如何によって個人でのブランドを立ち上げることも可能です。
この職種を夢見る方にとっては、最終的に独立して個人ブランドを世の中に浸透させていきたいと考える方も多いのが特徴と言えるでしょう。

画像出典元:https://onfilters.com/

どういった能力が必要になるのか

一般的なイメージとしては、個人のセンスやデザイン力が重視される職種と見られがちですが、実際にはそういった能力と同等以上に企画力が重視されます。
自分の好きなものをそのままアウトプットすることで売れればそれは嬉しいことですが、最初からそう上手くいくことは少ないもの。
良いものを生み出し、世に広めていくためには、どういったテーマを持ち、そのような素材を使用し、最終的にどんなアイテムを作り出すのか。
トータルでの企画力が必要となってきます。

画像出典元:http://benesse.jp/juken/201503/20150303-4.html

どうすればなれるの?

正社員もしくは契約社員となることが多いものですが、未経験の場合にはパタンナーから始めたり、アシスタントからスタートすることで実績を積み、フリーでの活躍を目指す方も多いようです。
パターンメーキング技術検定やファッション色彩能力検定など、色彩やコーディネート等に関する資格があると有利であると言われています。

画像出典元:http://www.kcp.jp/color_exam/