皆さんはMD(マーチャンダイザー)ってご存知ですか?
流通業界においてはなくてはならない職種であるMD。
今回はこのマーチャンダイザーの仕事内容や、魅力についてご紹介してまいりたいと思います。

マーチャンダイザーの役割

主な業務内容としては、商品の開発、マーケティングプランの作成、予算の管理といった部分になりますが、マーケットの分析や市場のリサーチ、トレンド動向の調査など、多方面に渡る活動力を求められることとなるでしょう。
売上げの動きを分析し、そこから新たな商品の開発計画に繋げたり、商品の開発販売後には更に販促活動等を行うこともあります。

幅広い活動範囲となることが多いので、マーチャンダイザーがいないと成り立たない!と言える程、重要なポジションであることは間違いないでしょう。

このお仕事に就く為にはどういうスキルが必要?

中には未経験でも可能といった求人案件もありますが、いずれにせよある程度のスキルを求められることが多いのがマーチャンダイザーの求人です。
必要なスキルを挙げるとすれば、まずは消費者の動向を敏感に察知するセンス、先を見通す力が何よりも必要になります。
また、基本的にデータを扱うことが多くなりますので、分析力、判断力の高さを持っているかどうか、というのもポイントになります。

また、海外との折衝が必要になるパターンもありますので、全ての求人において当てはまる内容ではありませんが、語学力が求められるケースも少なくありません。
若い頃からマーチャンダイザーを目指すのであれば、ショップ勤務やバイヤーからスタートすることで業界の動向を把握しながら、経験を積む事がとても重要となるのではないかと思います。

MDになる魅力やメリット

業務内容は多岐に広がるものの、一貫して多くの業務を一手に引き受ける事となるマーチャンダイザーのお仕事。
確かに難しい部分はあるのですが、代わりに自分の裁量の範囲内で仕事を進めていくことができるのも魅力です。
企業によって違う部分はあるものの、基本的には職務内容の多くを自己管理できるため、定時でスムーズに上がることのできる現場が多いよう。

また、常に最新のファッション情報を追い続けることができるので、お洋服が好きな方にとっては天職とも言えるのではないでしょうか。
気になる待遇は経験内容によって異なるようです。
この職種を目指すなら、早い段階で業界の経験を積んでおくことをお勧めします。