アパレルを一躍スター業界にまで押し上げたのは、やはりPR(プレス)の力があったからではないでしょうか。
どの業界でもそうですが、宣伝、広報というのはマーケティングの中枢を担う大きな場所です。

消費者は特にイメージに左右されやすい部分がありますので、プラスに働きかけるのもマイナスに働きかけるのもPR次第なのです。
それでは、アパレル業界を支える屋台骨の一つ「プレス」の華やかなお仕事について、今回はご紹介してまいります。

プレスってどういうお仕事なの?

主にブランドの広報、宣伝を担当している部署となり、いわゆる情報発信を対外向けに行うのが主な業務と言えるでしょう。
自社ブランドの商品やブランドイメージを発信することが多くなるため、雑誌等に登場する機会も多くなります。

また、雑誌への掲載のみならず、テレビ番組に向けた商品選定やアイテムの貸し出し、広告制作、各メディアからの取材に対する対応、イベントの企画や運営など、業務の幅がとても広いのが特徴です。
ブランドの顔として活動することになりますので、大変華やかで魅力的な仕事として人気があります。

しかし、実務としてはその一方で、とても地味で大変な作業も多く、細かなタスク管理能力、業務遂行能力を試されることもあるでしょう。
記事の校正やブランド知識の学習はもちろんのこと、対人関係に関するコミュニケーション力や個人としてのキャラクターまでが重要視されますので、ある種のスター性が少なからず必要となるのではないでしょうか。

画像出典元:https://www.t-w-c.net/topics/detail/?id=252

プレスで勤めるにはどうすればいいの?

アパレルにおけるプレスはとりわけ人気の職種であることから、そのポジションをゲットするのはとても至難の業と言えるでしょう。
そのため、もしこの職種を狙うのであれば、事前に計画性を持って経験を積んでいくことが重要となります。

と言いますのも、業界の中でも特に過去の経験を重視する傾向が強い職種とされていますので、インターンシップであったり、アシスタントから始めるということを念頭において、活動するのがいいかもしれません。

また、それ以外の道としては、販売員を経てプレスになるという方法もありますので、今自分の活動しているポジションからうまく天職する自信がなかったとしても、諦めずに活動すれば充分に道を拓くことができるでしょう。
実力とコネクションが必要な世界ですので、それを頭において行動することを心がけてくださいね。

画像出典元:https://career-closet.com/press/